2012年07月02日

2012年6月25日〜6月29日の検証結果 W2C-Clipper(クリッパー)

こんにちわ、タンバリンです。

W2C-Clipper(クリッパー)の2011年2月はじめから2012年6月29日までのForex.com JP リアル口座とAlpari Japan リアル口座での検証結果です。

期間にして約17月です。

50万円でロット0.03(ハイリスク 6相当)での運用です。
(+裏技)

6月25日〜6月29日の決済は以下のとおりです。

Alpari Japan
2012年6月25日〜6月29日決済(クリッパー)

確定損益 246,705円 (年利:約34.8%) (前週比 +3,218円)
1ヶ月平均 14,512円(約2.9%)
含み損益 -6,573円 (前週比 +9,173円)


利確の内訳としては以下となりました。
ロング初手×1
ロング1ナンピン×1
ショート初手×2
ショート2ナンピン×1

現在は以下のチャート構成となっています。

Only Long×2チャート
Only Short×2チャート
Only Long & Short×1チャート

今週よりスワップポイントの小さいAlpariJapanに完全に移行しました。

先週はスペインなど欧州港債務国への懸念を背景としたリスクオフの展開が進み、
一時80.63円の高値をつけていたドル円も80円の節目を割り込んで下落しました。
その後は、その後は様子見まで進みましたが、メルケル首相のユーロ共同債の否定発言をもとに
リスクオフの流れが強まり、79.22円まで水準を下げました。
金曜日にロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだ円売り・ドル買いが持ち込まれて
値を上げました。米10年債利回りが上昇したことを背景に、日米金利差拡大を意識した買いも入ったようです。
フィキシング通過後は利益確定の売りで伸び悩んだが、米国株相場が引けにかけて上げ幅を広げると買いが再開。一時79.994円まで上昇しました。

含み損は、一時円高になったことにより、ショートにナンピンが利確されたことにより
大きく減っています。

よく観察される規則性(アノマリー)では
ドル円は4月5月に最高値をつけていますが、今年は3月が現在のところ最高値ですね。

やはりクリッパーはリスク管理(ロット管理)をしっかりすれば
長期的な資産運用に最適ですね。

さて、クリッパーの価格が高いとの声があるようです。

ただ「長期の運用に耐えるよう設計されている」ので
長期で資産運用をするなら価格以上の利益はあげられると思います。

利益は用意する初期資金から決まる初期ロットに比例しますが、
これが20万程度ですとハイリスク設定(6)で運用すると
1年でクリッパーの代金が回収できる計算となります。

他の価格の安いEAも良いものがあるかもしれませんが、
それがどれくらいの期間の使用に耐えるのかの検証は必要で、
安物買いの銭失いにならないよう注意がいります。

その点クリッパーは長期的に使用出来る観点から考えれば
決して高い買い物でもないかなと思います。

高成績を謳うEAで少ない資金で大きく稼ごうとして
結局、宣伝通りの成績が出ず、商品ばかりか資金すら減らしてしまうよりも、、

クリッパーで初期資金は無理のない範囲で多めにして始めれば、
それだけ早く商品代金を回収できますし、長期的にはお得です。

また、ある程度のまとまった金額を貯蓄できる精神力が無ければ
クリッパーに限らず投資(トレード)にとって避けられないドローダウンを
耐えられません。

クリッパーに限らずEAを買い手持ちの資金を増やすよりも
まず、手持ちの初期資金を貯蓄によって増やすことを考えてみてください。
それだけ運用で無理をする必要がなくなりますので。


さて、重要なことなので繰り返し繰り返し言いますが、、

この3月の円安でロスカットになっている方がおられたようです。

ただ、今回の円安の値幅を見てみますと、
2月1日 76.107→ 3月15日 84.168(FXDDデモ口座)で8.061円の進行です。(7月2日現在)

私はハイリスク設定で、ショートのポジションは初手76.13円で
4ナンピン目が発動しましたが無事でした。(レバレッジ25倍)
そのうちショート2チャートはすでにナンピンは解消されました。

クリッパーの販売ページには80円のあたりでは
ハイリスク設定で10.6円の下落に耐えられると記載されています。(レバレッジ200倍の場合)
http://w2c-clipper.com/questionanswer.html#Q61

レバレッジ25倍と200倍、上昇と下落、業者のロスカット率でにて
耐えられる幅が違ってきますが、それでも現在までの上昇だと余裕はあるはずです。


ただし、クリッパーに付いているマニュアルに掲載されている
1万ドルに対して初期ロット0.06(=6,000通貨)に従っていれば、、、、です。


クリッパーの運用で今までの値動きにおいて失敗(=退場)されている方の特徴としては
初期ロットを多くしすぎて、過剰にリスクに取り過ぎて、
今回のような急激な動きが起こった時に耐えきれず、
ロスカットという方が非常に多いです。

というより設定項目が初期ロットしかないので、原因はこれしかないのですが(^_^;)

昨年は狭いレンジのなかでちょこちょこと動く値動きが多かったので
それだけをみて、もっと儲けられると思い、
初期ロットをあげ運用し利益を多くしようと思われたのでしょう。

しかし、相場はレンジではなくトレンドが出て大きく動くときもありますから、
トレンドが出ても含み損がマニュアルに従っていれば耐えられたのに、
利益だけを見てリスクを大きく取り過ぎていると含み損が想定以上になり
ロスカットとなっているのでしょう。

欲ばり過ぎると相場に飲み込まれます。



あとは、今までクリッパーを散々人に薦めていたのに、
ロスカットされた途端に、『初めからこんなEAは薦めていませんでした。』
とされている方もおられるようです。

ただ、その人の場合、口座残高の変化から読み取るに、
以下の流れでロスカットになった可能性が非常に高いと思っています。

→手動 or なんらかのロスカットEA で損切り
→資金が減ったのでロスカットレートが不利な方向へ
→設定ロットそのままで運用
→再度円安が進行、損切りした時と同じロット数でナンピン
→ロスカットレートが不利になっているので設計数値よりはやめにロスカットへ

ロスカットなら口座残高は1段階で大きく減少するのに対し
そのかたは2段階にわたって減少しているので
上にあげた流れでロスカットになったと思われます。

これでクリッパーは駄目だというのはちょっと?ですね。
たぶん、本当は買っていなくてマニュアルを読んでいないのでしょう。

ご質問などあれば、お気軽に書き込んでくださいね。


では、また来週(^_^)/~

下記リンクよりW2C-Clipperをお買い頂ければ、
当サイト限定のオリジナル特典を進呈します。

↓↓↓

今すぐ内容を確認する


◇当サイト限定のご購入特典について


『W2C-Clipper(クリッパー)』を運用していく上でお役に立つそんな特典をご用意しています
 【オリジナル特典】 W2Cクリッパーを人一倍活用する方法
W2C-Clipper(クリッパー)活用マニュアル特製の『クリッパー』活用マニュアルです。
当サイトの成績はこのマニュアルを活用して、通常よりも運用効率をアップさせたものを掲載しています。このマニュアルの方法でリスクを低減し、さらに利益をアップさせることが出来ます。


 【オリジナル特典】 海外口座の開設方法(FXDD)
海外口座の解説方法(FXDD) 『クリッパー』の安全性がさらに高まる海外口座の開設方法です。
日本業者の場合、即時入金できるのが強みですが、
レバレッジが低いのが弱み。
その点、海外業者ならレバレッジが高く、
その分ナンピンがより長く耐えられます。
私は、日本の業者で運用していますが、
海外の業者のほうがいいというかたは役に立ちます。

FXDDなら日本人サポートがいて、さらにドル・円・ユーロ 口座に
クレジットカードで入金できます。



 【オリジナル特典】 誰でも簡単にインターネットで10万円を稼ぐ方法
誰でも簡単にインターネットで10万円を稼ぐ方法比較的簡単に10万円を稼ぐ方法です。


自動売買プログラムの購入代金や口座資金に充当してください。



>>特典の受け取り方


ご購入の際は、特典がついているかを必ず確認して下さい。

「ご購入画面」に行かれましたら、

この表示↓が出ているかを確認してください。



タンバリンからの特典付き



これが出ていなければ、

特典を差し上げることが出来ませんので、ご注意ください。

↓↓↓

今すぐ内容を確認する

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」

クリッパー購入ページ


posted by タンバリン at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 検証結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。タンバリンさん。
レバ200倍のFXDDで私もクリッパーを運用してますが、売りスワップが本当に馬鹿になりませんね^^;;;
そのくせ買いスワップはまったく付かないとか。。
でもアルパリって個人だとレバ25倍までですよね?
大丈夫なんでしょうか?証拠金余計に必要になりませんか。。。?
Posted by そぷらの at 2012年07月02日 21:40
こんにちは、そぷらのさん(^_^)

書き込みありがとうございます。

FXDDもForex.com Japanの約1/2くらいですが、売りでマイナススワップとられますね(^_^;)

同じ資金量でどれだけの上昇・下降に耐えられるかを、レバレッジ25倍の国内業者の場合で計算してみると、レートを80円/ドル、ロスカット水準を100%だとすると、

・設定6:ハイパフォーマンス → 8.4円の下落 or 9.5円の上昇
・設定3:スタンダード設定 → 13.4円の下落 or 13.4円の上昇
・設定1:セーフティ → 23.2円の下落 or 24.9円の上昇

だそうです。

逆に、レバレッジ200倍と同じ上昇・下降に耐えられる資金量を計算してみると、おおよそ1.5倍で、5ナンピン目までかかるまでなら1.3倍となりました。
(単純にレバレッジと反比例関係ではないです)

※取得ドル円レートや売買方向により大きく変動しますので明確には言えませんし、ライブではずれることが予想されます。

私個人としては、既に確定損益と初期資金あわせて1.5倍にはなっており、既にレバレッジ200倍の時と同じリスクにはなっているので、 ロット設定はこのままで行けばOKかなと思っています。

ロット設定を引き上げるのは、資金を追加するかもう少し稼ぎだしてくれた後にしようかと考えています。
Posted by タンバリン at 2012年07月03日 14:52
丁寧な説明ありがとうございます。やはりいろいろ考慮されてたんですね。。。野暮な突っ込み失礼しました><
わたしは今年から運用を始めて今の所1.2倍ほどという感じです。早く追いつけるようにガンバリます!><(クリッパー君が)
Posted by そぷらの at 2012年07月03日 21:11
そぷらのさん

>わたしは今年から運用を始めて今の所1.2倍ほどという感じです。早く追いつけるようにガンバリます!><(クリッパー君が)

あせりは禁物ですが、頑張らせて下さい(^_^)
Posted by タンバリン at 2012年07月03日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。